舌側(裏側)矯正とは

  • TOP
  • 舌側(裏側)矯正とは

見えない矯正について~リンガルブラケット~

見えない矯正について~リンガルブラケット~

歯並びを整えたいと思ってはいても矯正装置が目立ってしまうのが気になって治療に踏み切れない方がいらっしゃいます。そんな方におすすめなのが「目立たない」「ほとんど見えない」矯正装置です。そのひとつが裏側矯正とも呼ばれる「舌側矯正」です。

熊本市中央区の矯正専門「DAN矯正歯科クリニック」では世界舌側矯正歯科学会日本舌側歯科学会認定医が矯正治療を行います。歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

舌側(裏側)矯正とは?

舌側にブラケットを装着してワイヤーを通して歯を並べる矯正治療法です。リンガルブラケットともいいます。一般的な矯正治療では歯の表側に金属のブラケットを装着するので目立ってしまいますが、舌側矯正治療では口を大きく開けないかぎり装置がほとんど見えないのがメリットです。

また、目立たない矯正装置には「インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)」もあります。取り外し可能な透明なマウスピースを装着して歯を移動させていく治療法ですが、重度の歯並びの乱れには対応できないことがあります。その点、リンガルブラケットは、ほとんどの症例に対応可能です。

上の歯は、笑ったり話したりするときに目立ちます。そのため上の歯にだけリンガルブラケットを装着し、下の歯には歯の表側にブラケットを装着するということもできます。

舌側矯正装置のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • お口の中で目立ちません(人に気付かれにくい)
  • 表側矯正より、前歯が引っ込みやすくなります
  • 虫歯のリスクを減らすことができる
  • 仕事への影響が少なくてすむ
    (仕事柄、治療に踏み出せない方でも安心)
  • 裏側なので装置の厚みによる口元の突出感がない
  • 特殊な技術が必要なので安心して診療を受けられる歯科医師
    がかぎられます
  • 装置がオーダーメイドなので比較的費用が高めです
  • 舌側に装置があるので慣れるまで違和感があります

当院はこのような装置を使っています

装置の種類
●クリッピーL

独自のクリップ構造をもつブラケットで、ブラケットとワイヤーの摩擦を低減する「セルフライゲーション」システムを採用している小型矯正装置です。弱い力で歯を動かすことができるので歯の移動の際の痛みが少なく、治療期間の短縮にもつながる矯正装置です。

●ALIASアリアス

従来の装置はワイヤーと装置を細い針金で結びつけていましたが、アリアスは開閉式のブラケットなので、摩擦抵抗が少なく、治療期間の短縮が可能になりました。
また、細い特殊なワイヤーを使用するので、口の中の違和感や発音、歯磨きの負担が軽減されます。

●New STb

舌側矯正システムSTb(Scuzzo-Takemoto bracket)は、ブラケットの厚さが約1.5mmと薄いので、これまでの舌側矯正装置にくらべ違和感が少なく、歯面に密着するのでほとんど外れることがありません。小さくて丸みを帯びたデザインなので口腔内の自浄作用がはたらきやすくむし歯や歯周病のリスクを抑えます。装置のサイズが小さくワイヤーの弾性を効果的に活用できるので比較的早い治療ができます。

こんな方におすすめです
●人前に出るご職業にたずさわっている

当院には、看護師・教職員・保母さん・営業マンや会社の受付・ホテルのフロント・同業の歯科関係の方も数多く治療しております。もちろん人前に出るお仕事の方だけでなく、どなたでも治療は可能です。
当院の患者さまの4割は熊本市街から通院していらっしゃいます。水俣、八代、天草、玉名、山鹿、阿蘇方面からも多数いらっしゃっていますので、遠方の方もご安心下さい。

●結婚式や入学式などの人生の節目を迎えるにあたって歯並びを整えたい

歯並びを整えるのには時間がかかります。それは歯に弱い力をかけて少しずつ動かすからです。そのため人生の節目のときまでにもし治療が終了しない場合でも、ほとんど目立たないので安心です。

●思春期の中高生や大学生の方

中高生や大学生になると、思春期を迎えたり、大人に比べて周りの目を気にしやすかったりします。見えない矯正なら、見た目のコンプレックスを取り除き、学業に力を入れられます。

舌側(裏側)矯正は高度な技術が必要です

現在の歯科医師法では、矯正治療の施術経験がない歯科医師でも矯正歯科と標榜する事ができます。歯科医療はさまざまな分野に分かれており、矯正治療には専門知識が必要です。とくに日々進歩している矯正治療の技術を高めている医師とそうでない医師では、治療の精度は異なります。そのうえ、舌側矯正は表側矯正よりも特殊な技術が求められます。

熊本の「DAN矯正歯科クリニック」は、世界舌側矯正歯科学会、日本舌側矯正歯科学会の認定医です。どちらの学会でも厳格な審査に合格した矯正医にのみ資格証を有しています。

2017年2月現在
日本舌側矯正歯科学会認定医(舌側矯正)全国で50名、九州では7名
日本矯正歯科学会認定医(表側矯正)は全国で3123名、九州では343名

上記数字からも分かる様に、全国的に見ても舌側矯正治療を、確立された技術とシステムにて、ご提供出来るクリニックは限られております。

そのほかの対応装置

インコグニト(舌側矯正システム)、ハーモニー(舌側矯正システム)、WIN(舌側矯正システム)など全ての舌側装置に対応しております。

舌側(裏側)矯正について

マウスピース矯正について

MENU

ページTOPへ